毎年日本人観光客が多く訪れる魅惑的な国であるタイ、皆さんもこれから旅行を検討されているのではないでしょうか。そこで、ここでは、夏の定番ともなっているタイ旅行と見どころと魅力についてが一目でわかりますよ。

夏の定番タイ旅行で何する?タイの見どころ&魅力について!充実プランorフリープラン

夏の定番!タイ旅行の魅力とタイの見どころ、マストな場所は?

タイ旅行といえば、皆さんも1度は行かれたことがあるのではないでしょうか。それくらい定番で人気の旅行先として知られています。そんなタイ旅行の魅力とは何か、そして、どんな場所に行った方が良いのかをお伝えしましょう。

食もショッピングも文化も歴史も満喫できるタイ旅行は魅力にあふれている

夏の定番、いいえ、年がら年中日本人観光客でにぎわっている、日本とも深い関係にあるタイは、本当に魅力的です。では、タイ旅行にはどんな魅力があるのでしょうか。たいという国は大きな国で、首都のバンコクは、いまだに行く度に様子を変える都市として知られており、東南アジアなのかと思うくらいに今では高層ビルも立ち並んでいますし、日本のデパートなども立っています。

電車が走ってからというもの、移動にも便利になり、観光もしやすくなりましたが、裏にちょっと入ると、東南アジアの喧騒が見え隠れします。ナイトマーケットも各地にありますし、ちょっと行けば、大きな寺院などもあり、東南アジアとインターナショナルな世界が入り混じっています。

かといって、ちょっと田舎の方に行くと、そこは昔の東南アジアという感じで、木々が茂り、少数民族が存在するなど、とにかく地域によって色々な特色があって、それぞれの場所でそれぞれのことを楽しめる、それがタイの魅力であり、タイ旅行は1度きりではなく何度も行きたくなる所以なのです。

タイ旅行に行くならどこが見どころ?マストなスポットはどこ?

タイ旅行に行くならば、やはりマストスポットは知っておくべきです。バンコクで言うならば、ワットポーは欠かせません。ワットというのはタイ語で「お寺」を意味するので、覚えておくと、世界一の仏教大国では便利です。

ワットポーは行ったことがない方も聞いたことがあるのではないでしょうか。寝釈迦として知られています。大きなお釈迦様が笑顔で寝転がっていて、足の裏には色々な文字が描かれているというものです。とにかく大きくて、同じアジアでも日本では見られないようなスタイルは必見です。

そして、ナイトマーケットにも足を運んでくださいね。各地にありますが、ここでは、リーズナブルにタイのものを手に入れられるので、お土産を買うのには便利なスポットです。そして、バンコク近郊であれば、アユタヤ、それにパタヤに足をのばせば、歴史を楽しみつつ、ちょっとしたリゾートも楽しめます。

アユタヤは遺跡が残る街で、これは必見ですし、パタヤはあまり水はきれいではないですが、ビーチがあり、万国よりも安い物価でシーフードなどが楽しめるスポットとしておすすめです。

タイ旅行の見どころは観光やリゾートやショッピングに食事のすべてです

微笑みの国と言われているタイは観光してもリゾートしても、ショッピングをしても、マッサージを受けても、そして食事をしてもすべてが楽しく、観光客を楽しませてくれます。期待を裏切ることがない優しさと開放的な雰囲気に包まれ、日本では決して味わうことのできない南国の魅力のとりこになります。

タイの見どころとなる観光地とリゾートにショッピングそしてマッサージ

タイの見どころはたくさんあり、例えばバンコクでは寺院巡りやアユタヤ、そしてカンチャナブリー、そして北部のチェンマイでは象乗り体験をすることができるでしょう。遺跡巡りや自然の動物と触れ合うというのはとても刺激的であり、異国ならではの素敵な思い出になります。

そして南部ではリゾートアイランドが多く、プーケットやクラビ、ピピ島やサムイ島、そしてタイのモルディブともいわれるリペ島などその他にも小さな島がたくさんあります。わくわくするようなきれいな海を見ながらのんびり過ごすことができ、きれいな白砂、透き通る海、カラフルでトロピカルな海水魚の宝庫であり、シュノーケリングやダイビング、カヌーなどを体験できます。

そしてバンコクを中心にショッピングモールや小さなマーケット市場、雑貨屋やセカンドハンズのお店が少なくありません。とってもリーズナブルな価格でしかもかわいいものが多い、アジアン雑貨はいつまでも見ていたいと思うほどにわくわくさせてくれます。買い物をしても楽しいのがタイです。

そしてタイはお馴染みの本場のタイマッサージを受けることができます。本格的で安くて観光で疲れてもマッサージで体もすっきりでき、気持ちが良くなります。

食べ物が病みつきになるほどおいしいタイの食事と屋台

日本ではなかなか味わえないようなスパイシー料理が特徴のタイは、チリペイストな味わいの料理が多く、常夏だからこそおいしいトムヤンやタイグリーンカレー、台風春巻きは絶品です。

さらにパッタイやマンゴーともち米とか豚肉ともち米の組み合わせ、パパイヤサラダなどユニークなものもたくさんあります。外食文化で自炊の習慣がほとんどないタイでは屋台が賑やかであり、ココナッツを使ったデザートやフィッシュケーキ、揚げ卵や肉の串刺しなど食べ歩きを楽しめるでしょう。

薬味や香辛料に特徴があり、香りのよい野菜をふんだんに使った料理も多いです。そして暑い夏だからこそ搾りたてのフレッシュジュースがおいしくとっても安価です。南国ならではのマンゴーやパパイヤ、ジャックフルーツなど独特のくさみもまた刺激的でわくわくする食の楽しみです。

タイは観光しても遊んでも買い物をしても、そして食べてもすべてに満足ができ、その価格の安さからのお得感がやめられなくなるゆえにリピーターが多いのが特徴です。

タイへの格安航空券を手配して色々学ぼう!

海外へ何かを学んだり、技術を取得しに行くという人達が学生や、フリーター、社会人の中で、男女問わずに人気があるようです。

学ぶという事なので、学校へ通うという事になるのですが、事前に学生VISAを取得する必要はありません。

それは短気で学べるからなのです。

社会人などでは、年に1回ある10日間の休みを利用して、語学を勉強しに海外へ行くという人たちもいます。

このような短期間でしたら特にVISAを取得する必要はなく、パスポートだけで行く事が出来るのです。

他では、マッサージを勉強しにタイへ行くという人達も増えているようです。

タイ式マッサージで最上級の癒し

日本では、タイ古式マッサージのお店がたくさんあるという事もあり、そこで働いている人達がスキルを磨く為に、将来独立の為に本場のタイで勉強してみるという方法を取るのです。

タイは物価が安いので、海外格安航空券 予約や取得する事が出来れば全体の旅費、学費を考えたとしても非常に安いと言われています。

もちろん日本でタイ古式マッサージを勉強する事も出来ますし、新たなスキルを磨く為に勉強も出来るようですが、学費が非常に高い為、タイに行く旅費プラス学費と変わらないようです。

それでしたら本場タイへ行き、マッサージを勉強しながらタイの文化にも触れて意識を高めるという事が出来てしまうので、その方法を取るのです。

日本人はタイへ入国した場合、30日間パスポートだけで滞在する事が出来ます。

なので休みが取れる人は30日間しっかり使って勉強する人もいます。

もちろん休みが取れない人は、2週間だけで学校を朝から夕方、夕方からは他の学校で学ぶという方法を取り勉強三昧になるようです。

本場で勉強出来るという事は非常に感性なども磨く事が出来る上に、本場の人達から勉強出来るというのはとてもリッチなものになると思います。

ローコストキャリアのチケット購入方法

タイ古式マッサージを教えてくれる学校はコースを修了した場合は、修了証も発行してくれる為、日本に帰っても勉強してきたんだ!という事でお墨付きになるという事なのです。

日本からタイへの海外格安航空券は、ローコストキャリアなどでしたら、約4~5万円で往復のチケットが購入する事が出来ます。

他の航空券でも、7万~10万円になるので、予算に合わせて航空チケットを手配するといいでしょう。

宿などは学校側が手配してくれる場合もあれば、マッサージ校が寮などを完備している場合もあります。

また、タイでは、マッサージだけでなく、カービングやクッキングコースなどもあるので観光客が気軽の参加出来るタイプのものもあります。

場所も、バンコクだけでなく、チェンマイにもたくさんの学校やアクティビティがあるので海外格安航空券を手配して色々学べるといいですね。

更新日:

Copyright© 夏の定番タイ旅行で何する?タイの見どころ&魅力について!充実プランorフリープラン , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.